お手軽賃貸施設

家の模型と電卓

ウィークリーマンションが多く世間に広まったのは、平成に入ってからです。特にバブル期あたりではウィークリーマンションは盛んに利用されてきました。ウィークリーマンションがはじまったのは東京都内を中心とした大都市圏です。出張や受験などで東京に2週間ほど滞在するのだが、ホテルでは値段が高すぎる、かといって物件を借りてしまうのは無理だという要望に応える形で、週単位でかすウィークリーマンションが平成のはじめころに誕生しました。 また同様に1ヵ月とか2か月で借りたいという要望も多くあったころから時を同じくして、ウィークリーマンション同様にマンスリーマンションもできました。 いまでは大手不動産会社なども参入し事業を展開しています。

ウィークリーマンションはこれからますます必要となってきます。 特に東京では2020年にオリンピックが開催され、一か月近くにわたって開催されるこの世界のスポーツの祭典を見に多くの人が東京にあつまります。その際、現在の東京にあるホテルではキャパシティがとうていもたないでしょうし、また長期滞在となるとその費用がホテルではどうしても大きくなってしまいます。そこで注目されるのがウィークリーマンションです。ウィークリーマンションであれば、わざわざホテルを建設しなくても、現在とないで空いている部屋を利用して貸し出すことができ、また期間的にもとてもマッチしているのです。 ですので東京都内では現在ウィークリーマンションとして展開してない物件も、東京オリンピックが近づくにつれてますます増えていくだろうと予想されます。

ピックアップ